小陰唇の縮小手術で自信を取り戻そう|好きな形にデザインできる

ウーマン

デリケートな問題

ウーマン

女性器の蓋の役割がある小陰唇は、思春期を迎えると徐々に色素沈着や肥大していきます。女性の中には、小陰唇が大陰唇から基準よりも大きく突出したり、常にぶら下がっているような状況になります。この状態を小陰唇拡大と言いますが、誰にも相談できずに悩んでいる女性はたくさんいます。デリケートゾーンの悩みは気軽に人に言えるものではないので1人で抱え込んでしまいがちですが、形成外科や美容外科の医師に相談することで解決できる可能性があります。婦人科専門の美容クリニックでは小陰唇を縮小させる手術を行なっていて、医療設備も以前より整っているので安全に希望の形に変えることができます。小陰唇のしわが多かったり、左右の形や大きさがアンバランスだと感じたら、恥ずかしがらずに専門の医師に悩みを聞いてもらいましょう。

美容クリニックで行なわれる縮小手術は、30分から40分程で完了します。局所麻酔をして痛みを感じないように処置した後、肥大した箇所だけを的確に切除して要望通りの形や大きさに整えるだけです。殆どの場合縮小手術の痕は目立たないので恋人に知られる心配もありません。また、コンプレックスが解消するので自信をもつことができ、行動もアクティブになるでしょう。縮小手術の前には医師と一対一でカウンセリングを行なうので、抱えている不安や希望している形を正直に伝えましょう。好きな形にデザインしてそれを元に切除手術をしていくので、拡大だけではなく小陰唇の大きさを揃えたい場合でも気軽に手術が受けられます。手術を行なう前にネットなどで口コミや実績を調べて、信用できるクリニックを探しましょう。

匂いと黒ずみを解消する

ソープ

デリケートゾーンの匂いや黒ずみがあると自分に自信がもてなくなります。問題を解決するためには専用の石鹸を使うと良いですが、購入の際はランキングサイトを参考にしましょう。

この記事を読む

女性特有の悩み

お尻

ナプキンを長時間着用しているとかぶれが起こります。痒みや痛みを伴う場合もあり、女性にとっては辛い症状です。改善させるために陰部の通気性を良くして、常に清潔感を保つと良いでしょう。

この記事を読む

自信を取り戻す手術

考える女性

処女膜再生にはアンチエイジング効果や夫婦仲を取り持つ効果があります。基本的に婦人科形成で手術が受けられますが、手術方法がいくつかあるので無理のない方法を選びましょう。

この記事を読む